Welcome Yama's Homepage
Affiliation Computer Center, Institute of Industrial Science, The University of Tokyo
Name Seiichi YAMAMOTO
Title Research Associate
Birth January 8, 1979
E-mail yama ? wide ! ad ! jp (replace "?" with "at", "!" with "dot")
E-mail yama ? iis ! u-tokyo ! ac ! jp (replace "?" with "at", "!" with "dot")
postal-mail Computer Center, Institute of Industrial Science, The University of Tokyo, 4-6-1 Komaba, Meguro-ku, Tokyo 153-8505, Japan
TEL +81-3-5452-6450
FAX +81-3-5452-6485
Degree Ph.D 博士(情報理工学) 東京大学 2006
Ph.D Thesis IPマルチキャストにおけるトラフィックエンジニアリングに関する研究 [要旨]


Publications
山本成一, 西形渉, 上田耕佑, 河合栄治, "SDN環境の性能測定に関する一提案", インターネットコンファレンス2015論文集 ポスター Internet Conference 2015 (IC2015), pp. 119-120 2015年
山本成一, 中村遼, 上野幸杜, 堀場勝広, 関谷勇司,"GINEW 革新的なネットワーク運用管理アーキテクチャの一提案", コンピュータソフトウェア, Vol32-3, pp3_46-3_57, 2015年
山本成一, 田原裕市郎, 上田耕佑, 堀場勝広, 渡邊貴之, 河合栄治, 住友貴広, 小林和真, 下條真司,"JGN-Xを利用したレイヤ2構成技術の検討", インターネットコンファレンス2014論文集 ポスター Internet Conference 2014 (IC2014), pp. 145-146, 2014年
山本成一, 中村遼, 上野幸杜, 堀場勝広, 関谷勇司, “GINEW 革新的なネットワーク運用管理アーキテクチャの一提案“, WIT2014 第15回インターネットテクノロジーワークショップ, 2014年6月26日-27日
Seiichi Yamamoto, Kazumasa Kobayashi, Eiji Kawai, Shinji Shimojo, "Design and Implementation of JGN-X" インターネットコンファレンス2012論文集 Internet Conference 2012 (IC2012), pp. 63-68, 2012年
Hiroyuki Ikegami, Tetsuya Nakamura, Hideya Ochiai, Seiichi Yamamoto, Hiroshi Esaki, "Dynamic Recognition of Plug-load Devices based on Power Consumption Pattern", インターネットコンファレンス2012論文集 Internet Conference 2012 (IC2012), pp. 69-76, 2012年
Katsuhiro Horiba, Seiichi Yamamoto, and Yuji Sekiya, "UDON : User Defined and Organized Network",インターネットコンファレンス2012論文集 Internet Conference 2012 (IC2012), pp103 2012年
山本成一,下條真司,河合栄治, "JGN-Xにおけるマルチレイヤーネットワークの利用と運用", 電子情報通信学会総合大会論文集 通信2 pp. 29-30 2012年
山本成一, "JGN-Xとネットワークオーケストレーション" 情報処理学会 第73回全国大会イベント企画JGN2plusの成果とその後継プロジェクト, 2011
山本成一,小林和真,河合栄治,下條真司, "JGN-XにおけるIP仮想化サービス" 電子情報通信学会・Advnet2011,IA研究会, (電子情報通信学会技術研究報告 IA研究会), 2011年
山本成一,三宅喬,長谷部克幸,櫨山寛章,金海好彦,小林和真,下條真司, "JGN2plusにおける仮想化インフラサービスの構築" 電子情報通信学会総合大会講演論文集,通信講演論文集2, pp.551, 2010年3月.
山本成一,長谷部克幸,太田善之,田中仁,小林和真,下條真司, "複数の研究開発ネットワークにて協調した大規模映像配信実験" 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 109, no. 208, IA2009-40, pp. 43-48, 2009年9月.
櫨山寛章,金海好彦,三宅喬,山本成一,長谷部克幸,河合栄治,小林和真 "JGN2plus IaaSにおける仮想資源割り当てメタシステムの設計" 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 109, no. 208, IA2009-38, pp. 29-36, 2009年9月.
山本成一,小林和真,下條真司, "JGN2plusでのネットワークオペレーション", 電子情報通信学会総合大会講演論文集,通信講演論文集2, pp.129-130, 2009年3月.
中村一彦,山本成一,北村泰一,大槻英樹,中山雅哉,小林和真,江崎浩,下條真司, "研究開発用テストベッドネットワークJGN2plusの現状 オープンリサーチ型次世代ネットワーク技術への挑戦-National Project JGN2 4年間のFact Sheets", 情報処理学会誌 情報処理, vol 49,no. 10, pp.1176-1183, 2008年10月.
櫨山寛章,金海好彦,衣川昌宏,三宅喬,山本成一,長谷部克幸,小林和真, "JGN2plusテストベッドネットワークでのバーチャルASホスティングサービスの検討" 電子情報通信学会技術研究報告, vol 108, no. 223, IA2008, pp.49-54, 2008年9月.
山本成一,金海好彦,中村一彦,三宅喬,長谷部克幸,太田善之,田中仁,美甘幸路,櫨山寛章,小林和真,下條真司, "JGN2plusにおける運用 安定性とチャレンジ,テストベッドネットワークに対する運用面からの試み" 電子情報通信学会技術研究報告, vol 108, no. 223, IA2008, pp.33-38, 2008年9月.
山本成一, "IPマルチキャストにおけるトラフィックエンジニアリング", 第15回天網の会ワークショップ,2007年07月.
山本成一,江崎浩, "IPマルチキャスト網におけるRPを用いたトラフィックエンジニアリングアーキテクチャ", 電子情報通信学会技術研究報告, vol 106, no. 577, NS2006, pp.165-170, 2007年3月.
山本成一,江崎浩, "RPを利用したIPマルチキャストにおけるトラヒックエンジニアリングアーキテクチャの提案", 電子情報通信学会総合大会講演論文集,通信講演論文集2,pp. 36, 2007年3月.
NAKAMURA Osamu,SUGIURA Kazunori,SHIGECHIKA Noriyuki,MURAI Jun,YAMAMOTO Seiichi,KATO Akira, HASEBE Katsuyuki, "Internet Metronome: An Experimental Remote Jazz Jam Session with Uncompressed HDTV Transmission over Lightpaths" IEICE Trans Commun(ISSN:0916-8516),vol. E89-B, no.4, pp. 1052-1058, Apr 2006.
加藤朗,山本成一,関谷勇司, "広帯域ネットワーク利用の一形態" 情報処理学会誌 情報処理, vol 46,no. 8,pp. 894-898, 2005年8月.
平木敬,稲葉真理,中村誠,玉造潤史,西村亮,青嶋奈緒,来栖竜太郎,坂元眞和,古川裕希,生田祐吉,加藤朗,山本成一,長谷部克幸,根尾美由紀,稲田友,村上満雄, "TCPストリームによる世界最長10ギガビット高速通信回線実験 Internet2 Land Speed Recordへの挑戦", 電子情報通信学会技術研究報告,vol 105,no. 8,PN2005,pp.1-6,2005年4月.
大江将史,櫨山寛章,山本成一,白畑真, "IEEE802.11ワイヤレスネットワーク管理システムの構築と検証", 電子情報通信学会論文誌, Vol. J87-B, No. 10, pp. 1607-1615, 2004年10月.
山本成一,江崎浩, "フローを意識したトラフィック解析のための基礎実験", 電子情報通信学会技術研究報告, vol 104, no. 35, TM2004, pp 35-39,2004年5月.
(情報処理学会研究報告, vol 14, no. 46, DSM2004, pp. 35-39,2004年5月)
山本成一,江崎浩, "LE2003におけるtraffic monitoring", 第 8 回 天網の会ワークショップ, March 2004
山本成一,江崎浩, "アプリケーションレベルの遅延ジッタに注目したトラフィック解析と応用に関する研究", 情報処理学会第 65 回全国大会, March 2003.
成瀬誠,山本成一,齋藤章人,石川正俊, "自由空間光インターコネクションのための実時間アクティブアライメント", 第62回応用物理学会学術講演会,講演予稿集, pp.887, 2001年9月.


Presentations
山本成一,西形渉,上田耕佑,河合栄治,"SDN環境での定量的性能評価に関する一検討",第8回インターネットと運用技術シンポジウム (IOTS2015) 2015年11月.
Seiichi YAMAMOTO, "APII Workshop JGN-X update", APII workshop 2014 October 2014.
Seiichi Yamamoto, “Service Provisioning in Future Internet“, TEIN4 Thailand Launch Event and Future Internet Workshop, Bangkok, Thailand, Dec 2013.[FILE]
Seiichi Yamamoto, “GINEW – Virtual Network Management on Heterogeneous Environment“, SC13 NICT Booth Presentation, SC13 Denver, CO, U.S.A, Nov 2013.[FILE]
山本成一,下條真司,河合英治,"JGN-Xにおけるマルチレイヤーネットワークの利用と運用", 電子情報通信学会総合大会,2012年3月.[FILE]
山本成一,小林和真,河合栄治,下條真司,"JGN-XにおけるIP仮想化サービス",Advnet2011,IA研究会(共催),東京, 2011年10月.[FILE]
山本成一,"JGN-Xとネットワークオーケストレーション",第73回全国大会イベント企画JGN2plusの成果とその後継プロジェクト,2011年3月.[WEB]
Seiichi Yamamoto, "Advanced Platform Services on JGN2plus, JGN2plus IaaS : Virtualized Service Platform", Network Engineering Workshop, APAN28, Kuala Lumpur, July 2009.
Seiichi Yamamoto, "JGN2plus IaaS: Integrated Service Platform for R&D Network featuread Virtualized Technology", Keynote Presentation, 11th APNG camp,Kuala Lumpur, July 2009. [WEB]
山本成一,三宅喬,小林和真, "JGN2plus Iaas update", APAN-JP NOC meeting, 2009年7月
山本成一,三宅喬,小林和真, "仮想化ルーティングを用いた雪祭りでの映像伝送・ワンセグ実験" Advnet2009,東京,2009年6月.[FILE]
山本成一,"JGN2plusでの仮想化インフラサービス", 第4回テストベッドネットワーク推進WG, NICT, 東京, 2009年6月.
Seiichi YAMAMOTO, "Toward Integrated Virtualized Service on JGN2plus -- Virtualized Service Platform for R&D Network--" APII Workshop 2009,taiwan,Mar 2009.[FILE]
山本成一,三宅喬,小林和真, "JGN2plus IaaS", APAN-JP NOC meeting, 2009年2月
Seiichi YAMAMOTO, "JGN2plus Operation/Engineering/Research activities", KOREN workshop 2008,Sep 2008.
山本成一,江崎浩, "マルチキャストにおけるトラフィックエンジニアリング", WIDEプロジェクト 計測グループ分科会(mawi-wg), WIDEプロジェクト 2005年6月研究会 2005年6月
山本成一, "apricot2005でのマルチキャストネットワークオペレーション", CRNFマルチキャスト技術部会,2005年6月.
Seiichi Yamamoto, "s-flow interop test report", 4th CAIDA-WIDE Workshop, Aug 2004.
Seiichi Yamamoto, "Traffic monitoring by sflow", 3rd CAIDA-WIDE Workshop, Apr 2004.

Award
Kei Hiraki,Mary Inaba,Naoki Tanida, Kenichi Koizumi, Junji Tamatsukuri, Junichiro Shitami, Seiichi Yamamoto, Yasuo Ishii, Yoshiki Iguchi, and Katsuyuki Hasebe "5th Generation Data Reservoir -- Personal Data Reservoir", Impact award, sc09 Bandwidth Challenge, Nov 2009.


職歴
2008年9月-(現在) 東京大学 生産技術研究所 電子計算機室 助教
2008年4月-2008年8月 東京大学 総括プロジェクト機構 高速鉄道におけるブロードバンド通信(JR東海)寄付研究部門 特任助教
2006年10月-2008年3月 東京大学 総括プロジェクト機構 高速鉄道におけるブロードバンド通信(JR東海)寄付研究部門 寄付研究部門教員(助手相当)


Member
WIDE Project (Widely Integrated Distributed Environment)
JGN-X (Japan Gigabit Network eXtreme:Advanced Testbed Network for R&D)
IEICE (The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers)


Activity
国立研究開発法人 情報通信研究機構 招へい専門員(2015-now)
独立行政法人 情報通信研究機構 招へい専門員(2010-2014)
インターネットコンファレンス 実行委員 (2008-now)
インターネットコンファレンス プログラム委員 (2011-now)
電子情報通信学会 小特集編集幹事 ED2014 (2014)
電子情報通信学会 特集編集委員 IA-JB2014 (2014)
日本ソフトウェア科学会 特集号編集委員 jssst-2013 (2013)
電子情報通信学会 特集号編集委員 IA-JB2013 (2013)
インターネットコンファレンス プログラム委員長 (2012-2013)
SAINT Technical Program Committee (2009-2012)
SAINT Workshop chair (NGSP-FMS) (2008)
独立行政法人 情報通信研究機構 短時間研究員(2007-2010)
インターネットコンファレンス 実行委員長 (2007)
Misc:WIDEプロジェクト研究会/合宿スタッフ
2008年wide 9月合宿ネットワークスタッフリーダ
2004年wide 9月合宿ネットワークスタッフリーダ
2004年wide 6月研究会ネットワークスタッフリーダ
2003年wide 12月研究会スタッフ
2003年wide 9月合宿ネットワークスタッフ
2002年wide 3月合宿スタッフ
2001年wide 12月研究会スタッフリーダ
Misc:次世代機器相互接続検証(Networld+Interop)
2008/06 Networld+Interop2008 Shownet NOC Member
2007/06 Networld+Interop2007 Shownet NOC Member
2006/06 Networld+Interop2006 Shownet NOC Member
2005/06 Networld+Interop2005 Shownet Team Member
2004/06 Networld+Interop2004 Shownet Team Member
2003/06 Networld+Interop2003 Shownet Team Member
2002/06 Networld+Interop2002 Shownet Team Member
Misc
2007/08 sigcomm2007 ネットワークスタッフ
2005/02 apricot2005 ネットワークスタッフ
2005/01 JGN2シンポジウム ネットワークスタッフ
2004/01 SAINT2004/JGNシンポジウム ネットワークスタッフ
2003/11 Live!Ecripse 2003 ネットワークスタッフ

pgp fingerprint


$Id: index.html,v 1.32 2016/03/14 16:36:19 yama Exp $